FC2ブログ

フラワー&テディベア Mucco Mi Cafe

大田区でフラワー教室を主宰。テディベア作家としても活動中♪お花とベアと・・大好きなこと♡   https://minne.com/muccomi

トコちゃんコーデ

Posted by MuccoMi on   2 comments   0 trackback

私が高校生?くらいに作った人形。

ホコリを被って布にシミも出てきて、1度洗濯してみたらもっと酷いことになった


すっかりクタクタになってしまったので、もう捨てよう・・・

そう言うと、トコちゃんに止められた。



それからトコちゃんの部屋へ移動したこの人形、
時々スカーフ巻かれていたり、髪の毛を束ねられていたり・・・
ヘンテコな服を着ている時もあった。


といっても、トコちゃんは不器用なので
決して、手作りの服を着せてもらえるわけではない。


よく見つけたな~っていう掘り出し物を、
トコちゃんセンスで‘適当に’コーディネイトされているのだ。




それもすっかり慣れた日常・・・・




今朝、久々に人形の前で固まった・・・



眩しいほどのブルーの衝撃



眩しすぎて・・・・・・




顔が見えない・・・・・・





いや、、、、




顔が・・・・・・






無い・・・・

20151113232251131.jpg





生みの母には聞こえる、我が子の声が・・・



「たすけて~~~、ぐるじぃよぉぉぉぉ~~~」








母さんが今、助けるからねーーーー!!






プハーーーーーーっ
「母さん、死ぬかと思ったよ

201511132322171cd.jpg




なぜ窒息させたか分からんが、
なかなかお似合のブルーの帽子

ムムム、可愛い・・・・









殺意さえ無ければ、トコちゃん今年一番のコーディネイトだわ













スポンサーサイト



トコちゃん初めての証明写真

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

トコちゃん、実は原付バイクの免許を持っている。


今は毎日同じ場所へ自転車で通っているけど、昔は原チャリで通っていたことがある。

そうそう、当時、一世を風靡した・・・「ラッタッタ」 (古っっ



若いころは原チャリで、今は自転車で・・・考えてみればスゴイことだ。


かなり遠くまで、毎日通っているトコちゃんのふくらはぎは、
私なんかより、よっぽど引き締まった‘子持ちししゃも’。


歳を取っても、毎日の積み重ねって大事なんだな~と感心する。



そんなトコちゃん、原チャリは乗っていないけど、運転免許証は毎回更新している。



ところが、今年は更新しないらしい。

身分証明書として使うだけならば、免許証を返上して
「運転経歴証明書」というものを代わりに発行してくれるらしい。


なんだか寂しい気もするけど、色々と特典も受けられるみたいだし、
見た目も免許証に似ているようで、悪くないか・・。


警視庁のサンプル・・・

150609免許

「運転できません」・・ちょっと笑える。




その手続きをするには、証明写真が必要なので、
トコちゃん、初めての証明写真BOXへ。


「どこから入るの??」って、下から覗いたり後ろへ廻ったり・・


あ~、また何かやってくれそうな気配・・



カーテンめくって座った後は、ボタン操作は人任せ。


「ん~、どれにしようかな」って、、、プリクラじゃないんだから選べませんよ。
イチゴのフレームとか選べませんからね。



私が直前までの選択ボタンを押して、いざ撮影体勢を整えます。


画面に写る丸印の中に入るように、椅子の高さを調整。

背の低いトコちゃんは、かなり椅子の高さを上げないと丸印の中に顔が入らない



では、こんなもんで・・・・。この先は一人でやってね。

カーテン閉めて、外で様子を見ていると、何か一人で喋ってる。




んん??足が・・・・爪先立ち???

立ち上がって画面に張り付いてないでょうね

150609 とこちゃん



慌てて、カーテンの隙間から覗くと、「なによ?ちゃんと座ってるわよっっ」


確かにちゃんと座ってた 
椅子を高く上げたから足が届いていないだけだった。



好奇心の強いトコちゃんは何をするか分からない
そんな不安・・期待?をいつも持たされている娘の性。


つい、とんでもない妄想が先走る


3回撮り終えて、一番写りの良いものを選ぶ最終段階。


「う~ん、どれにしようかな~」って悩むトコちゃん。

私も覗いてみると・・・






曲がってる


顔があっちこっちに曲がってるじゃないか




丸印の中に一生懸命自分の顔を入れようとして、背伸びしたに違いない。
まるで小学生みたいに顎を突き出し、思いっきり上向きで右へ左へ・・・・

でも、笑顔は忘れない。



どうみても、2枚は使い物にならないのに、
「う~ん、どれにしようかな~」って、、、、どこを悩んでるのか





外に出ると、すぐにプリントされて出てきた写真。


すでに私は泣き笑いで腹筋が痛い



トコちゃん、写真を取り出すと、さっきまでのテンションが低くなった。



「ふ~ん・・・」






1日が過ぎ、仕事から帰ったトコちゃん、唐突に

「写真を撮るときは、‘顎を引いて’ってよく言うわよね・・」と。



1日写真を眺めて気付いたのね。

そうだね、真逆だものね



その夜、すでにこの運転経歴証明書を持っているお友達から、
手続きについて聞いてきたトコちゃん。


お友達曰く、「この証明書は期限が無いから(?)ずっと写真が残るでしょ。
         だから映りの良い白い服を着て撮ったわ」と。



何の心構えも無く、仕事前にフラッと立ち寄ったトコちゃん。


ふ~ん・・・・




翌日・・・




トコちゃんの初めての証明写真は、そこらへんにポイッと放置されていました・・。






それでも数日後、その写真を持って警察に行ったようで、

プンプンメールが届いた。



警察へ行ったら、免許返上理由を聞かれ
 「バイク乗らないので」と答えたトコちゃん。


それに対して警察官・・・
 
「あ~、分かりました。高齢の為ですね」



トコちゃん「違うってばーーーーーーー!」



お巡りさんったら、、
折角、世の為、人の為に‘良い子のトコちゃん’が返上しに行ったのに、ダメでしょ、そんなこと言っちゃ。




更に、年齢を聞かれたトコちゃんは

「ん~、〇○歳くらいかな・・・」とナメた返答をしたらしく、

警察の方、ご丁寧に
「こちらで調べてみる」と・・

免許証に生年月日書いてあるのに、‘年齢’を正しく言わないとダメなのね。


私も時々、サバ読むから気を付けようっと



当然、トコちゃんも‘女子の恥じらい’で年齢を適当に言ったのかと思ったら、
その後・・


「よく考えてみたら〇○歳みたいだ、恐ろしや」


・・・・って、



単に、自分の年齢に気付いてなかっただけなのか・・・



ま、30歳過ぎたらみ~んな一緒。


アラサー、アラフォー、アラフィフ・・・どれだってイイじゃないの


私もあなたもトコちゃんも・・、
み~んな、「オーバーoverサーティ」 


さ、明日も元気にがんばろう







 






       





トコちゃんの小銭管理

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

今日、生徒さんにお預かりしてた小銭を返却しようと
お手紙を書いていました。

そして、その硬貨を封筒に入れて送るには
ガチャガチャと音はするし、不安定なので、
ごく自然に・・・、当たり前のように・・・、





セロテープで貼り付けた。

150121 100円




そして、貼りながら突然、思い出した 私が小学生だった、あの光景。




あれは学校で何かの募金を集めていたとき。

また別のシーンでは、給食費など家庭から預かったお金を先生に提出するとき。





私の封筒の中身はいつもこうだった。

2150121 100円






我が母トコちゃんは、いつも小銭をセロテープで繋げていた。



トコちゃんの心優しい気遣いである。

バラバラにならない・・、一目瞭然・・・、数えやすい・・・とか??




私もそんなトコちゃんの‘計らい’を子供ながら誇らしくも感じていた。

「うちのお母さん、面白いでしょ、気が利くでしょ」と。




特に、募金の時は先生や皆の反応も楽しみで、ちょっぴりワクワクした。


なんてったって、沢山の小銭がビャーーーーーーーーっとセロテープで繋がってるのだから

それが手品のように封筒からゾロゾロト繋がって出てくるわけで、
きっと先生も楽しんでくれるだろうと確信していた。



あるとき、
5円玉の穴に糸を通してリング状に持ってきた友達を見た時は悔しかった






そんな健気な私の小学生時代。





セロテープでビャーーーーーーーと貼り付いた小銭が、
プチ迷惑だと知ったのはずっと大人になってから。


剥がすのが面倒らしい 



でもトコちゃんにはずっと言えなかった



今回は枚数も少ないから良いだろう・・と
当たり前のようにテープで貼り付けた。



・・が、、子供の頃の記憶が、
こんな風に中途半端な貼り方をさせる。

2150121 100円


だって、テープで貼るって言ったら、繋げたいんだもん、ぶら下げたいんだもん





あ~、トコちゃんの血が騒ぐ。





トコちゃんは今日も行く

Posted by MuccoMi on   2 comments   0 trackback

我が母の‘トコちゃん’、血液型はB型。


昔から突飛な行動をする母に、私も随分鍛えられた。


以前、友達が
「普段の生活の中で、大笑いすることってそんなに無いじゃん?」と言われて、
その時は「そうだよね・・・・」って同意した私。


確かに、大人になるほど大笑いする機会は少なくなった。


面白いことが少ないのか、面白いと感じなくなったのか・・


お腹痛い~~って悶えながら笑うことなんてホントに無くなった。



外ではね・・・。




そう、その話をした後でよく考えてみたら、
数日前にお腹がよじれるほど大笑いしてた自分を思い出した。



結構、笑ってるぞ私、、涙流すほど・・・・



その大半が、トコちゃんの珍エピソード。




トコちゃんの信用問題に関わるので、
多くは語れないけど・・・。



例えば・・・・



ある寒い冬の日。

コートを着て帽子をかぶって、手袋を・・・・・探してたトコちゃん。

なかなか見付からないので、別の手袋をして銀行へ到着。

知り合いの行員さんと会話をした後、用事を済ませ帰ろうとすると・・・

鏡に映る自分の姿に「ん???」と足を止めた。




「何かしらこれ???」






前髪のように帽子の隙間から垂れ下がっていたのは、、、、、、





指・・・・・・・?








手袋の指ーーーーーー






帽子の隙間から絶妙に出た手袋の指たち・・



新種のウィッグか




帽子に手袋を放り込んだのを忘れて、
そのままホイッと被ったトコちゃん


な~んにも違和感を感じないままスタコラサ



新種の前髪ウィッグを垂らして、どこへ行く・・・



その姿で会話した行員さんの心中お察し致します





実はこの珍プレーには続編が有り、

後日、また銀行へ行ったトコちゃん、

今度は足元から何か出ています。


なんじゃ?と思って引っ張ったら・・・・ズルズルとタイツが出てきた。


タイツを履いてるのに、何故もうひとつ?




前日にタイツと一緒に脱皮のごとくセット脱ぎし、
翌日に新しいタイツを履いて、そのままセット着して出掛けたトコちゃん。



またもや気付いたのは同じ銀行・・




靴下ならスルッと抜き出せたものを、
両足が繋がってるタイツは、引っ張るほど大変なことに・・・・・







そんなトコちゃんは気紛れなアイデアマン。

決して几帳面ではない。

神経質過ぎる父との間に生まれた私は、
そのどちらもしっかり受け継いでいて、
気紛れと閃き・・・・時々、神経質・・みたいな複雑な習性を持っている。






時折、顔を出す‘几帳面な私’は、
父の通院日を忘れないようにと、
病院の予約表をカレンダーに貼っておいた。


先日、父と病院へ行ったら、
次回の予定は1月と・・。

しかも検査があるので、その注意書きも一緒にカレンダーに貼っておこう。

まだ1月のカレンダーは無いから、12月に貼ろう・・・。



10月・・・・

141028 omoni





11月・・・

お??
11月の予約表は、珍しくトコちゃんも貼ってくれたのね

141028 omoni2




では、12月に・・・・・・・









めくれない・・・・・

141028 omoni3





なぜ・・・・・






なぜ、

ホチキス・・・



なぜ・・・・





なぜ、

袋とじ・・・・

141028 omoni4







さすが、トコちゃん




そして娘の私は、
その袋とじを‘むしろ12月に貼る用紙が落ちない’というアイデアとして
採用することにし、
予定表を、その隙間へねじ込むのでありました。





つづく・・・・・・・・