FC2ブログ

フラワー&テディベア Mucco Mi Cafe

大田区でフラワー教室を主宰。テディベア作家としても活動中♪お花とベアと・・大好きなこと♡   https://minne.com/muccomi

写真の力

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

昨日は気持ちの良いお天気でしたね 


先日、生徒さんからトールペイントのイベント招待券を頂いたので
ドライブがてら日本橋三越へ


ジュンスのNewアルバムをBGMにドライブしたいのと、
華やかなこの時期の街に、無性に行きたくなるのよね・・ソワソワソワ・・・・


やらねばならぬ事が沢山あるのに、また逃避



あ~、やっぱり気持ちイイ~

広がる青空、残り少ない銀杏の葉っぱが風に乗ってフロントガラスに落ちてきます

ジュンスの新曲も冬景色にピッタリ




さて、三越に到着すると大きなクリスマスツリーがお出迎え。

そして、新館のライオンさんはコート着てます

ダンディだわ

1222.jpg

三陽商会さんの特注コートなのですね

1222日本橋6




トールペイント展は大勢の女性客で大混雑。

1222トールペイトン


絵心の無い私は、
フリーハンドで立体的な薔薇をあっという間に描く作家さんに釘付けでした








同じフロアで開催されていたのは 2013報道写真展
1222日本橋




2013年の出来事を振り返る写真展で、とても見応えがありました。


写真撮影はNGなので、サイトの記事から抜粋させて頂きましたが、
こちらの写真は、多くの方が苦笑いしながら足を止めていた切ない作品です

猪瀬




そして、‘被災地の今を切り取る’写真コーナーで、私の足は完全に止まってしまいました。

1222日本橋11

1222日本橋10

海に石を投げてる男性
1222日本橋9



他にも心揺さぶられる素晴らしい写真が続き、もうダメ・・

大勢の人混みの中なのに涙が込み上げてきて、
必死で堪えてたら、鼻水まで出てきちゃった


被災地から離れていても震災の体験は、日本人にとって本当に悲しい傷となりました。


そしてまた、優しい絆で一つになった日本でもあります。


たった1枚の写真が与える感動とメッセージは、
時に多くを語る書物をも越えるパワーを持っています。


そんな写真が、私は大好きです。





さてと、落ち着いてきたらお腹が空いたので、
コレド室町でクロックムッシュのブランチ。



あっという間に日が暮れて、
街の景色も一変。


キラキラ輝くイルミネーションを堪能しながら帰路に着きました。


東京タワーが綺麗です
オリンピック開催年2020が浮かび上がっています1222日本橋3


今日は、去年の3.11に静かに灯った「KIZUNA NIPPON」を思い出します。

1224 311 東京タワー2





品川プリンスの客室はクリスマスツリーに

1208銀座3






今日は心に栄養たっぷり、

帰ったら、更に栄養たっぷりで満足、満足 


1222日本橋5











スポンサーサイト



クリスマスプレゼントと生写真

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

クリスマスプレゼントが届きました~

1221ジュンスCD


とか言って、自分で注文した物ですけど


まぁ、そんなことはどうでもよいのだ、

この時期の贈り物?は、いつもよりテンション上がりますね



18日に韓国で発売になったジュンスのCD

今回はミュージカル曲なので、これまでと違った魅力の1枚となっております





そして、特典のポスターと生写真



生写真・・・・



個人的にはクリアファイルが良かったけど




生写真・・・・





生写真・・・





顔がニヤニヤしてくる響きです




アイドル写真を求めて原宿に集まる女子中学生のようで・・




もう一度、言ってみようか・・・・眺めてみようか・・・・生写真





フフフ・・・


やっぱり・・



予想通りの‘生風’写真に、違った意味でまたニヤニヤしながら
「これ、生っすか」と一人ツッコミ。



でも・・、よく考えると・・



そもそも生写真の定義って何ですか???



昭和の考え方を言うなら、

カメラマンが撮ったものを‘現像’して‘焼き増し’したもので。


写真の裏紙には‘FIJI FILM' とか印字してあったりして、

それが生写真の証拠・・みたいな



デジカメやダウンロードで、自宅でも簡単にプリントできる今の時代。

貴重な生写真の定義は、昭和と違っているのかしら??



気になり出したら止まらない

早速、調べてみたら、、

ウィキペディアに載ってる解説が、まさに昭和だった

ご参考に⇒生写真とは・・




そして、とうとう貼ってしまった、、、

部屋にポスター   しかも2枚貼り

1221ジュンスCD2


クルクル巻かれたポスターが増えて、
時々潰れていたりするので


部屋にポスター貼るのは兵役直前のソン・スンホン以来だわ




今回のポスターは雰囲気も良くて小さめなので、

思ったより落ち着きます




CD以外にこんなに楽しませて頂けるとは、ナントお得なんでしょう



今夜はジュンスとジェジュンに見つめられながら・・、お休みなさ~い










クリスマス女子会 in 椿山荘

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

久しぶりに会う従妹と母の3人で、
一足早いクリスマス女子会 を楽しんできました。

埼玉に住む従妹が出やすく、私と母にとっても思い出の場所である
「椿山荘」に決定。


最近、すぐに車で行きたがる私。
ちょっと悪い癖・・


地図で確認してみると・・、後楽園の裏
まぁ、これは極端な私のイメージです


いやいや、椿山荘って、
山手線をぐるっと回って、とても遠く感じていたのですよね~。


地図で見ると、なんだか意外な位置に有り、
これは車でも短時間で行けそう・・
道に迷わなければ



皇居周辺から九段下、飯田橋を抜ける道は
結構、道が入り組んでいて少し心配。


初めて行く場所は、必ず入念な下調べをする私ですが、
それには絶対、欠かせないGoogle マップ。

その‘ストリートビュー’の素晴らしさったら


360度の景色を確認しながら、あたかもその場所を運転してるように記憶に刻むことができます。


一通り確認し終わるときには、「あれ?私、もう行ってきた?」と
錯覚を起こすほど


カーナビ起動させても、
ナビ子ちゃんに導かれることに不安を感じたり、その指示に背くので
あまり役に立っていません

やっぱり、全体の地図を確認しながら走りたいのは
古い人間なのでしょうか??



ま、そんなことで
一応、ナビ子の意見も聞きながら
シュミレーションした道を走り、あっという間に到着




1215椿山荘




クリスマスの装飾にワクワクします

結婚式も多いようで、あちこちに美しい花嫁さん。
クリスマスのウェディングも良いですね

1215椿山荘16

1215椿山荘6



土日はアフタヌーンティーの事前予約ができないので
1時間待ちの予定でウロウロしていたら、
キャンセルが出たとのことで、すぐに案内して頂きました



そして、今年3度目の3段トレー

1215椿山荘8

どのホテルも特徴があって可愛くて、テンション上がります



気持ちの良い晴天の中、お庭の散歩も癒されました

1215椿山荘9-2



あ、そうそう、トイレも忘れずに

こちらのタオルはドライタオルの四つ折りバージョンです

タオルの置き方や畳み方も色々あって
コレクションしたくなるなぁ

1215椿山荘7






叔母が亡くなってから、私以上に母も従妹も悲しみに耐えてきました。

そんな想いを共有しながら、久しぶりにお喋りする時間は
楽しくも有り、少し寂しくも有り・・

椿山荘の晩秋の景色がじんわり染みました・・。













クリスマスこどもアレンジ~師匠達の作品

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

先週から始まったクリスマス子どもアレンジ


今年もアイデアいっぱいの楽し作品が出来上がりました



今回はリースだったので、心配しながらもグルーガンを使用。



小さなお子様は保護者の方が手伝ってくれたので助かりましたが、

最初によく注意をしておけば、意外に上手に使うことができるので感心しました


1204雑色エセナ





固定概念にとらわれない自由な発想に、今回も勉強させて頂きましたよ、師匠



では、、一部ですがご紹介しま~す



1207子供作品

1204こども作品






小さい師匠ほど、キャンディーの上に飾りを付ける作品が多いようです。


1207クリスマ


こうしてみると、とっても可愛いのに、
大人から見ると、一瞬、「えっっ、キャディーの上に貼っちゃうの?」って思いませんか?


実際、レッスン中も周りの大人達から「えっっ、そこ??」とうい声を何度聞いたか



成長につれ、偽物でも‘キャンディー’=‘食品’と連想され、
その上に物を貼るという「あり得ない」行為になってしまうのですよね~。


色々な情報を得ながら成長していくことは、
こんな自由な発想を消していくことなんだぁ~と、
カチカチになった我が頭を悲しく感じます



その他にも小さな手で、それはそれは細かい技を使った師匠達。


どんぐりをぶら下げたり、リボン付けたり、小さな雪だるまに手まで付けちゃって

1207クリスマスB


1207クリスマスA






楽しかったね~


また次回が楽しみです




さて、今回は大人用も同時開催しました。


トナカイの位置を変えたり、ヒムロスギのベースの作り方で
大きくイメージの変わる仕上がりとなりました。



こちらは姉妹の生徒さんの作品です。

まずはお姉様の作品。

トナカイの背中にポンポンを付けて可愛いですね

ヒムロスギのベースを斜めに配置して、流れのあるデザインになっています

1206クリスマス田中姉



こちらは妹さんの作品。

トナカイの位置をお姉様に対抗して微妙にずらしたそうです

中心に花材をまとめて、重量感のある華やかな仕上がりです

1206クリスマス田中





クリスマスレッスンは来週まで続きます。




アフタヌーンティー

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

友達の誕生日祝いに、ホテルのアフタヌーンティへ招待。


日頃の忙しさを忘れて
ラグジュアリーな時間を過ごしてもらいたいな・・と、
ホテル選びも「ラグジュアリー」をキーワードに、探した、迷った、悩んだ・・


・・で、こちらに決定。




「シャングリラホテル 東京」。




入口は狭いですが、ゴージャス。

キラキラ大好き

1205シャングリラ2




そして・・何でしょう??

このイイ香り



エレベーターに乗ると、手すりまでキラキラです。

1205シャングリラ17




28階に一気に上り、エレベーターを降りると、

またまたイイ香り

こんなにイイ香りが漂ってるホテルは初めてです。


あ・・オリジナルアロマグッズ売ってました




窓際の広々とした席に案内して頂き、嬉しい~


ピアノの生演奏もラグジュアリーな気分を盛り上げます




窓の外にはスカイツリー、そして偶然、飛行船も飛んできました。

1205シャングリラ4

1205シャングリラ6





お誕生日と知らせてあったので、
誕生日チョコレートプレートや花火付きの三段トレーがやってきました

1205シャングリラ10



写真も撮って頂き、記念のカードになりました




スコーン用のクロテッドクリームはたっぷりで、
その他にもジャム、はちみつ、柿のクリームが用意され
とても美味しく頂きました

中でも柿のクリーム(右から2番目)は新鮮な味だったなぁ~。

1205シャングリラ8




お花も素敵

1205シャングリラ13



夜景も素敵

1205シャングリラ16


1205シャングリラ12



そしてトイレも・・・

ホテルのトイレは、必要なくても必ずチェック&堪能すべし


ある意味、一番‘他とは違うラグジュアリーさ’を感じられる場所だから




ほらほら、こなに美しく積み上げられちゃった‘タオル’

1205シャングリラ14


ペーパーや、乾燥機なんて置かないんだからっ


おもてなしの心を感じますね~



そして、その山をあっけなく壊してみる・・そんな贅沢も味わえます

1205シャングリラ15




身なりに気を使って、ラグジュアリーな空間で極上のおもてなしを受ける・・

そんな背筋を伸ばすような刺激を、
女子は決して忘れてはいけないと思う一日でした



















再会

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

年末も近付き、そろそろ年賀状の準備をせねば・・・

そんなことにも気付かされる喪中ハガキが
例年より多く届いています。


その喪中ハガキで初めて訃報を知らされる場合も多く、
中でもショックだったのが、大学の恩師が亡くなったこと。



大学を卒業して、数回、お見掛けしたことはあったのですが
年月が経つと、すぐに気付いてもらえない気がして
なかなか声を掛ける勇気が出ませんでした。



今年の夏に偶然にすれ違った時も、
「あれ?もしかしたら・・・」と後姿を見つめながら、一旦通り過ぎたのですが、
今、声を掛けなかったら後悔するような気がして・・。

Uターンしました。



ドキドキしながら「先生」と声を掛けると、
私の心配を吹き飛ばすように「おぉぉ~、変わらないなぁ」と、すぐに気付いてくれました。


しばらく楽しく会話を交わし、
甚平姿の先生はのんびりと去っていきました。


そして、今度会うときはもっと気軽に声を掛けられるな・・と、
次の偶然を楽しみしていました。


まさかその1か月半後に亡くなるなんて・・。




当たり前に来るだろう「次の機会」

それは決して確実な未来ではない。

最近つくづく実感します。




久しぶりに同級生と連絡を取り、
偶然予定が合った‘翌日’に再会。


そしてまた偶然、海外から一時帰国してる友人と
‘その翌日’に再会しました



そんな何年振りかの再会を、2日以内に実現することができたのは
‘今を逃すと次は無いかもしれない’という思いと不思議な偶然のお蔭です。



会った瞬間から学生時代にタイムスリップです。


共有した想い出を昨日のことのように感じながら、
学生時代のように空の下で楽しいひと時を過ごしました。


こうしてタイミング良く、〇〇年振りの再会を果たせたことを
先生に感謝しようと締めくくり
それぞれの現実に戻りました。


その帰り道は本当に寂しかったなぁ~


キラキラ輝く青春のページにいる友達が
今もこうして居てくれることにも感謝です



先生、ありがとうございます
そして、ご冥福をお祈りいたします。