FC2ブログ

フラワー&テディベア Mucco Mi Cafe

大田区でフラワー教室を主宰。テディベア作家としても活動中♪お花とベアと・・大好きなこと♡   https://minne.com/muccomi

雛人形・・魅惑の3人

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

先日、日本橋三越に行ったとき、
催事場で雛人形の展示販売が開催されていました。


お、、これは‘確認せねば’

昔のように大きく場所を取る段飾りの雛人形は無くて、
どれもコンパクト。

中でもひと際繊細で美しい、5段飾りに惹きつけられて
細部までじっくり見ていると、そのお値段・・・

0が多くて・・

えーっと、1、10、100・・・






120万円

140216日本橋2


店員さん「いかかがですか?これはもう売れてしまって、残り1セットなのですよ


ははは・・さ、さすが日本橋



いやいや、私は買いに来たのではございません。
‘確認’したかったのです。



こちらの3人を・・。

140207雛人形9



ふ~む、これではない・・というか、我が家と同じ。

120万円だけど、我が家と同じ。



我が家の雛人形はこちらと同じく、
全員が‘正座’しています。




ところが・・

先日、ある施設に飾ってある雛人形を見て
目が釘付けになったのであります。







なんだこれ~

140207雛人形2

リカちゃん人形みたいな生足がニョッキリと





雛人形の生足なんて初めて見ました




しかも、なんというお行儀の悪さ

140207雛人形4




気になってしょうがないので、施設の方に聞いてみると、
「この三人は身分が低いみたいですよ。そういえば下の階にある雛人形も足が出てました!」と。



なぬ??










ほんとだーーーーー

140207雛人形5






長年、我が家の雛人形に慣れ親しんで、
他の雛人形とじっくり比較したことが無かったので、それはもう新鮮な驚き



なぜこの三人だけ生足が出ているのか・・、

身分が低い=生足を出している・・というのもイマイチ納得できず、
私の探究心に一気に火が付いてしまいました





調べてみると、
こちらの3人の従者は仕丁(衛士)といい、確かに身分が低い‘雑用係り’のようです。




身分の高い人形達の中で、唯一庶民の人形として五段・七段飾りに含まれ、
表情も豊かに、座り方なども様々です。

表情豊かな仕丁は、泣き・笑い・怒りを表す「三人上戸」とも言われるそうです。





写真を探してみると、確かにその姿は様々でとても興味深い




こちらはその表情豊かな三人上戸、そして草履を履いています。

140207雛人形8







そして、こちらの三人なんて・・・




宴会してます 

140207雛人形7



京雛の仕丁は酒宴をしているものが多く、
雑役の年季が明けた祝宴であるとか、
宮廷の婚礼をお祝いしている姿だとかいう節が伝えられているそうです。

燗鍋で酒を温め、皿に盛った鯛を肴に盛り上がっています



三人の持ち物は一般的に台座(日傘)、立傘(雨傘)、沓台(くつだい)ですが、
地方によっては、箒、塵取り、熊手などを持っている場合もあるそうです。




江戸時代以前までは足袋に関する厳しい規定があり、
身分の低い庶民には許されないものでした。

少々乱れた悪い座り方や、生足を見せることで、
よりリアルな庶民の姿を表現しているのですね。







そして、もう一つ気になったのが、この三人の顔の色。

140207雛人形10

特に左の方・・、




年月が経って変色したのか・・?

違うセットの人形が混ざってるのか・・?なんて思ってました




ところが・・・



偶然、こんな文章を発見



『位の高い貴族は、男性でも化粧をしていたので、白い顔をしています。
 泣き上戸の顔が白いのは、お化粧をしているからではなく顔色が悪いため



・・・




つまり・・


140207雛人形12


140207雛人形11



ここまで表現されているとはっ





上段に鎮座している宮中の殿上人と、違う世界に住む下段の庶民達。

その時代背景やそれぞれのストーリーを知ると、
また違った視点で雛人形の世界を楽しめますね



お雛様は女の子の憧れとして、その可愛らしい姿ばかりに注目されがちですが、
是非、人間味溢れる下段の人々にも注目して下さい




ただ、残念なのは、
最近は5段、7段飾りが少なくなり、
この3人の仕丁も見られなくなってきたそうです





さて、思わぬことから
雛人形に関するお勉強をしてしまいましたが、
まだまだ奥が深く、それぞれの人物にもストーリーがあって面白いですよ。





皆さんの雛人形はどんなお姿をしていますか?

例えば三人官女。


よ~く見てみて下さい。

一人だけ眉毛が無い女官がいたら、その人が年長者だそうですよ




楽しい雛祭りをお過ごしくださいね~




スポンサーサイト



大雪再来

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

まさか2週連続で大雪になるなんてビックリ!!


今回は花笑みのレッスン日と重なり、ちょっと大変でした。


それでも、雪の中をお越し頂いた生徒様方、
ありがとうございました


いつもより早く終えて帰ろうとすると、
会館の職員の方が「自転車、置いて帰った方が良いですよ!!」と
心配して下さいました。


駐輪場にはポツン・・と自転車が2台

こんな日に自転車で来るなんて無謀ですよね、、、
でも、、同類がもう一人いるようです


午前から夜まで置いてあったので、それはそれは雪がたっぷり積もり、
ペダルが動きません


「うわ~、帰れるかなぁ~」と言いながら、心は踊り

職員の方が心配そうに見送る中、かなりテンションが上がる私でありました


沢山積もった雪道はまだ積もったばかりなので
意外と滑りにくく、

時々、舵を取られながら
車輪から伝わるシャリシャリ、ギュギュギュッという感触を堪能し、

吹きつける冷たい雪を顔に浴びながら、身も‘毛穴’も引き締まりました~


家に着くと、まだまだ物足りなくて
‘必要のない’買い物と写真撮影に出ました


寒がりの私は、人に指摘されるほど、普段から厚着で
マフラー&帽子&手袋は必須アイテム。


それなのに、ペラペラのレインコートに素手です

雪の中で写真撮ると手袋は邪魔だし、
大事なカメラやレンズに雪が吹きつけるし、なかなか難しいけど、
静かに自然と向き合う気持ちの良い時間でした




140214大雪9


140214大雪12





140214大雪



翌日、近くのお寺に行くと
雪の中、寒さに耐えて鳴いている野良ネコちゃん達に会いました。


っんもう、連れて帰ってコタツに入れてあげたいわ


別のお寺に寄ると、ここにもネコちゃん発見


ネコって、特等席を見付ける名人ですよね

140215池上4






ニャンコさん、土足厳禁ですよ

140215池上2



「へ~~、そうなんだ~、おいらには関係ないっす」

140215池上7






「参った、参った」

140215池上


儚い1日

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

東京の大雪、あまり期待してなかったけど、
ホントに凄かったですね

土日とはいえ、お仕事やお出かけの方は大変だったと思います。


私は自宅でソワソワソワソワ・・


ご近所の方が通り道の雪掻きを始めたので、
‘お手伝い’という名の‘雪遊びに’に飛び出しました


積もりたての雪はフカフカで、容易に通り道を確保することができました。


・・が、1時間もすると、そのアスファルトは全く見えなくなり、
我が家の植物たちも、あっという間に雪の下。

ずっしりと冷たい雪が乗っかって
「重いよ~冷たいよ~」と声が聞こえてきそうです。

14020818.jpg

14020819.jpg



ビュービューと吹き荒れる雪なんて、本当に珍しいですよね。


こんな非日常的で、あっという間に消えてしまう銀世界・・
堪能しなくちゃ、もったいない



レインコートに長靴、そしてカメラを持ってお散歩に出ました

冷たい風に舞う雪、新雪を踏みしめる感触・・
楽しい~、キモチイイ~

思わずニヤリと顔が笑ってしまいます




公園に行くと、同じようにテンション高い‘中高生’がはしゃいでいました。

幼児ではなく、中高生がはしゃいでる姿が何とも微笑ましく、


「わかるぞ~!!」と同レベルの私は思うのでした。



見慣れた場所もすっかり別世界

140208大雪5


140208大雪



140208大雪3


140208大雪12


140208大雪8


外の戸に吹き付いた雪が、まるで最初から描かれていた模様のようです。
しかも計算されたように左右対称

140208大雪16








懲りずに夜もお散歩に出かけました

さぶっっ



140208大雪17





大好物を語る・・○○のアップルパイ

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

ハンバーガーをそれほど好んで買わない私ですが、
これは無性に食べたくなるの・・


マクドナルドのホットアップルパイ

140202マック


世の中には、‘ちゃんとした’パイ生地で作られたアップルパイが沢山あるのに、
私はこの餃子の皮を揚げたみたいな100円アップルパイが大好き


パリッ、モチッとした皮と、熱々のアップルソース。

毎回、口の中を火傷しないようにビクビクしながら食べる1口目。


それは、ゆるめの餡子が入ってる‘中村屋’のあんまんにも共通するハラハラ感。



火傷スレスレに
お口にの中に投入された時の美味しさは格別


なので、注文してすぐに提供されるより、
「申し訳ございません、あと7分ほど掛かります」と言われる方が嬉しかったりする。


まずは触って温度確認。
ぬるいと、ホント、ガッカリなんだ




メニューがどんどん変わる中、今も変わらず生き残っているアップルパイ。
きっと私のように愛して止まない人がいるに違いない。


時々、店内でアップルパイをメインディッシュとしてコーヒーを飲んでる人を見掛けると、
同士を見付けた気分で嬉しくなります




そんなアップルパイのパッケージ、いつからグリーンになったのか・・。

昔は赤色で、
グリーンになった時は、中身が‘青りんご’になったのか?と勘違いしました




いつから私は虜になったのだろうとその歴史を調べてみたら、
アップルパイのデビューはそれ程、大昔ではなく、

1999年、今から約15年前に期間限定メニューとして登場したそうです。



懐かしい~、、パッケージはやっぱり赤がイイ
140202マック21999










花笑みのアイドル

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

わたくし、数週間前に20㎝以上髪をカットしまして。

肩に届かない程、短くしたのは何年振りなんだろう・・。


シャンプーの量も乾かす時間も、今までの半分だし、

それはそれは新鮮な気分です



10代の時は、数センチ短く切っただけで
学校に行くのが恥ずかしかったりして・・。


今ではすっかり図太くなりましたが、
さすがにここまで大きく変化すると、人に会うのがちょっと恥ずかしいなぁ・・




・・・・・なんて、

そんな事を思っていた事自体が恥ずかしいくらい、ツッコミは少なく


どうやら、今までは長い髪を一つに束ねていることが多かったので、
気付きにくいというか、ツッコミ難いらしい。


まぁ、まぁ、それはそれで自分も気楽に慣れることができた数週間。




そして今日、
久々に出席された生徒さんに・・、




「あれ?髪伸びた~?」と・・


・・・・・・・

・・・・・・・



「いえ、、、、、かなり切ったんですけど・・





今日一番の衝撃でした




さて、本日のレッスンは1歳になったリオちゃんも参加。

レッスン中はベビーカーの中で、とてもお利口さんに過ごしてくれて、
時々、お喋りする可愛い声に、皆さんの顔も綻びます



レッスン後のお茶会

一緒に座って「わたしもお茶しますよ~」バブー

140131お茶会2


すっかりみんなのアイドルです