FC2ブログ

フラワー&テディベア Mucco Mi Cafe

大田区でフラワー教室を主宰。テディベア作家としても活動中♪お花とベアと・・大好きなこと♡   https://minne.com/muccomi

スポンサーサイト

Posted by MuccoMi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が師匠たちのハナ

Posted by MuccoMi on   0 comments   0 trackback

先日、甥っ子の小学校に
美術の作品展を見に行ってきました。


体育館が会場になっていたので、
広々とした空間に、色彩豊かな作品が美しく配置され、
静かなBGMまで流れています。

一歩足を踏み入れると、本格的な芸術の空間にちょっとビックリ



可愛いだけではなく、大人には思い付かないアイデアや観察力、色彩感覚に
学ぶことが本当に多くて、見ていて飽きません


閉場時間近くで、会場内には数人しか居なかったのですが、
楽しくて楽しくて、一人で「お~っ」とか、「うわっ」とか言いながら長時間滞在してしまいました。



それぞれの作品テーマも面白くて、
先生の指導力を感じます。


白と青色だけを使って様々な形のお花?を描いた作品は、
たった2色でも、豊かな色彩を表現できることが分かります。

150215こども22





左の絵は、一番下に粘土を丸めた‘種’が貼り付いていて、
そこから芽を出した子供たちの夢の木を描いています。

また、薄い花紙を丸めたり、重ねたり、ちぎったり・・
それだけで、無限に色や形を変えることが出来ることを再発見しました。

大人でも楽しめそう

150215こども24


150215こども23



フエルトなどで作ったお弁当は、どれもホントに美味しそうでしたよ

150215こども9




小学1年生による自画像は、
型取った自分の手を貼りつけてあります。

その手の中には大好きな食べ物。

150215こども21

150215こども3


自分の顔や手をじっくり観察して描いた、この小学1年生の作品はとても興味深くて、
一番長い時間、足を止めていたかもしれません。


成長するということは、
情報を沢山得て、経験を重ね、テクニックを身に付けていくこと。

それはとても大事で素晴らしいことだけど、
成長するって常識に捉われてつまらなくなる事でもありますよね。


そういう意味でも、
まだ経験の少ないピュアな子供が生み出すものを見るのが大好き


太陽は本当に赤いのか?

そんな疑問さえ持たずに描くようになるのは、すでに子供時代からなのです。

だから、真っ白な自分の感性だけで創造する時期って、とっても短く貴重だと思うのです。

ガチガチの頭になった私には、これ以上の師匠はおりません。


そんな‘師匠’たちの作品をより堪能するために、
ちょっと、違う角度から見てみることにしました。


小学1年生の技量、観察力、想像力、再現力を堪能できるパーツ・・・・・





やっぱりこれかな







150215こども3☆



鼻・・・かなり難しいパーツです。



さぁ、ご堪能あれ




150215鼻鼻



楽しいーーーーーーーーー




個人的には、次の鼻を見て、とても懐かしくなりましたよ。

漫画の影響だったのか、小学生の時に描いてたイラストの鼻はみんなこうでした

ひらがなの「く」みたい鼻・・・

150215・400




さて、皆さんはどんな鼻を描いていましたか?


といういか、今、どんな鼻を描けますか???


思えは、肖像画なんて何年も描いたことないし・・
私のレベルはきっと、‘く’の字の鼻のままかも・・














Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://muccomi.blog.fc2.com/tb.php/224-ecd143ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。